分科会内容第二弾!

お待たせしました!分科会内容発表、第二弾です!
とても興味深い取り組みが目白押しですよ。

第三弾もつづきます、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

★分科会★10/12(日) 14:30-16:00

LGBTコミュニティにおけるDVなど暴力サバイバー
主催:QWRC
出演者:ステファン ラル 他

「サバイバー」はDVや虐待、性暴力などの被害を生き抜いた、あるいは今にも生き抜こうと格闘している人のこと。
この分科会では、どうすれば私たちが少しでもサバイバルしやすくなるのかを考えます。「他人のことについて勉強するため」ではなく、ぜひご自分の人生を生きる「当事者」として、そして暴力の問題に直面させられるコミュニティの一員として、ご参加ください。小グループでテーマを設定しはなします。

•セーファーはコンドームだけの問題ではない(サバイバーセックス)
•自傷行為でもDVでもないSM関係のつくり方   など

 

 

 

★分科会★ 10/12(日)10:00-12:00
「LGBTと医療。思いをカタチに。」

主催:Natural Life Medical Treatment care
出演者:田村 凌、西井、藤田 譲

現在のところ、医療従事者を養成する学校では「セクシュアルマイノリティーやジェンダーに関する教育」を行っているところは少ない。
セクシュアルマイノリティーについての理解・認識はない状況で患者として当事者に接することがあり、その対応で当事者が嫌な思いやしくりこないと感じているのではないか?傷病でつらく不安ななかで、安全に医療を受けていただくにはどのように対応したらいいのか?
「当事者の思い」や「こういう風に対応してくれたらいいな」など体験やシュミレーションを通して考えていく。

 

 

 

★分科会★10/12(日) 10:00-11:30
全国各地でLGBT活動を前進させて行くには

主催:カラフル連絡網(全国LGBT活動者の会)
出演者:
レインボープライド愛媛 エディ
いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン 明智カイト
虹色ダイバーシティ 村木真紀

活動者同士が集まり突っ込んだ話し合い相談が出来る場として好評で全国から多数の活動者が集まっています。
全国の隅々で活動団体が立ち上がればこの国は変わっていきます。そのための活動者同士の支え合いを考えています。

各団体の取り組み発表や、活動者目線でのトークを3人のパネラーと会場の皆さんとで進めていきます。

 

 

広告