⑪手話ろう!ろうLGBT2014

手話ろう!ろうLGBT2014

日時:10月12日(日) 12:30~14:00     会場:特別会議室

主催:Deaf-LGBT-Center

出演者: かえで  も〜いっち  山本芙由美

ろうLGBT、関係者の声を聞く場として、それに関連するテーマを取り上げ、グループワークを実施する。

1.『LGBT、特にろうLGBTに対する差別って?』
このような差別を受けた、またはこういうことをされたが、これは差別だろうか?という事例/体験をもとに話し合う。
それらを整理した上で、それをなくすためにどのような方法があるのか?(今すぐ出来なくても、将来的なものも含めて)

2.『変えてほしい、この制度』
法律的に同性婚が認められないなど…いろいろな法律的な制度に対して、それをどう変えてほしいのか?を話し合う。
例えば、学校や会社も制服は廃止して、服装は自由にしてほしいなど、法律的な制度だけでなく身近にある制度なども含めて話し合う。

3.『家族や身近な人へのカミングアウトのために』
家族の中でなかなか言えない経験、また逆にわたしはこのようにして、家族の中で理解してもらったという経験、それぞれ出し合って話し合う。

4.『ろうLGBTの今後のために何が必要?』
ろうLGBTサポートブックの発行後、どのような変化があったのか。いくつかの成果、いくつかの限界、今後やっていきたいこと、しなければならないことなどを話し合う。

主催者よりメッセージ

昨年の第1回大会で初の「手話ろう!ろうLGBT」分科会を実施したことで、私たちの活動は本格的なものとなりました。LGBT手話表現の発信、LGBT関連にも公的な手話通訳派遣、ろうLGBTのための相談ネットワーク構築など、私たちの活動は始まったばかりです。多様な生き方をお互いが応援しあえる社会となるよう、ろうLGBTとしての立場からも発信していきます。

広告