⑯LGBTコミュニティにおけるDVなど暴力サバイバー

LGBTコミュニティにおけるDVなど暴力サバイバー

日時:10月12日(日) 14:30~16:00  会場: 大会議室

主催:QWRC

出演者:ステファン・ラル他ファシリテーター協力者多数

「サバイバー」はDVや虐待、性暴力などの被害を生き抜いた、あるいは今にも生き抜こうと格闘している人のこと。この分科会では、どうすれば私たちが少しでもサバイバルしやすくなるのかを考えます。「他人のことについて勉強するため」ではなく、ぜひご自分の人生を生きる「当事者」として、そして暴力の問題に直面させられるコミュニティの一員として、ご参加ください。

言いっぱなし聞きっぱなしの小グループで取り上げたいテーマ:

①孤立は暴力のリスクを高める

②トラウマ反応・トラウマ関連障害と言われるようになったサバイバーの様々な困難さ

③セーファーはコンドームだけの問題ではない(サバイバーセックス)

④自傷行為でもDVでもないSM関係のつくり方

⑤友だちカップルがDV、別れ、ストーカー→安全確保は?

※「社会に対してこれが言いたい・発信したい!」という時間も設けます。

主催者よりメッセージ

長い2日間の最後の時間帯で重たそうなテーマですが、皆で楽しく、泣いたとしても、笑いや希望もあるような時間を共有したいと思っています。ぜひマイペースで参加してみてください。